レーザー脱毛を受けた人の感想は実際のところどんな感じなの!?聞きたい!

レーザー脱毛をこれからしたいと考えている方にとって最も気になるのが実際の施術体験者の感想ではないでしょうか。効果や施術の痛みはどんな感じかといった具体的な声を集めてみました。

まず、レーザー脱毛の効果についてですが、これは圧倒的に「やってよかった」という声が多いようです。「いつでも肌を出せる」、「自己処理後の肌とは全く違う綺麗さ」というように、仕上がりに満足している方がほとんどです。
毛穴が目立たなくなるため、ツルツルとした見た目になります。
ごくまれに、体験者の中には施術直後に赤くなってしまった、痒みが出たなどのトラブルがあった場合もありますが、時間の経過や適切な処置によってその後は改善しています。
また、「自己処理がいらないのがこんなに楽だとは思わなかった」とこれまでの手間から解放されたことを喜ぶ声も多数あります。

次に、最も心配が多いと思われるレーザー脱毛の施術時の痛みについての感想ですが、これは、人によって大きく異なります。
なぜなら施術時の痛みは、施術部位や毛量、毛質などに左右されることと、痛みへの耐性など個人の体質に関わる部分が大きいからです。
それでも、多くの方は「我慢できないほどの痛みではなかった」という感想を持つようです。
特に痛みに弱いなど心配がある場合はあらかじめ施術スタッフに伝えておくことで、施術時に機器の出力の調整などで対処してもらうこともできます。
医療機関のレーザー脱毛などでは麻酔などを使用することができる場合もあります。必要以上にこわがることはないので安心してください。

実際に体験者の感想を聞くと、ますますレーザー脱毛にチャレンジしてみたい気持ちが高まるのではないでしょうか。
最近では周りにもたくさん体験者の方がいると思います。身近な方にはもっと詳しい話も聞くことができるでしょう。
実際に施術を受ける前に多くの情報を得ておくことはとても大切です。ぜひたくさんの人から体験談を聞いてみてください。

レーザー脱毛のメリットってどんなところ?気になっていること教えます♪

黒色や茶色に吸収されるレーザー光のみを皮膚に照射すると、毛や毛根にダメージを与え脱毛が起きます。
毛のライフサイクルのうちでは成長期の毛のみが、毛根に十分な熱量が与えられ、脱毛できます。
この原理を利用して、レーザー脱毛が行われます。
このメリットは、エステの光脱毛に比べて、出力が高いので、毛根そのものを破壊します。
一度処理すると再生されませんので、殆ど永久脱毛となります。生えてきても産毛程度のものです。
したがって毛周期に合わせて行う照射の回数も1回に15~20%脱毛され、3回照射で50%程度脱毛ができ、5回程度で70%脱毛ができますので、
2月に1回のペースで5~12回の照射で、脱毛が完了します。
光脱毛に比べて施術時間が短い事です。両脇であれば5分程度で終わるので、身体へのダメージも少ないのです。

レーザー脱毛を行う資格があるのは医師のみなので、医療機関でレーザー脱毛は行われます。事前に医師が診察しますので、
敏感肌、アトピー肌、乾燥肌の人でも脱毛が可能です。
またやけどや赤みなど、万一のトラブルでも、医師がすぐに診察をして処置をしてくれますので安心です。
レーザー脱毛には輪ゴムではじいた程度の痛みがあると言われていますが、麻酔クリームの使用もしてくれますので、安心です。

メリットに対して注意しておくべき事は、レーザーは、メラニン色素に対して反応するので、日焼けをした褐色の肌では、照射が行えないことがあります。
施術方法は、まず最初カウンセリングがあり、医師が肌の質や毛の質をチェックしてレーザーの出力を調整します。
次に毛が残った状態でレーザー照射を行うとやけどの原因になるので毛を剃ります。
ジェル塗布をして痛みの緩和をします。そしてレーザー照射後に、冷却や保湿ケアや炎症止めの薬を塗ってその回は終わります。
ヘアサイクルに従って次の毛がはえてくると、二回目の脱毛を行います。

参考:http://xn--7orpdr10aixqjfz.biz/

レーザー脱毛とブラジリアンワックス、より綺麗に仕上がるのはどっち!?

美容に於いての脱毛は、とても重要な施術の一つです。
自宅でも脱毛の処理はできますが、サロンや医療機関での脱毛施術を受けることにより、肌へのダメージを効果的に減らすことができ、
美しい肌質を保ちながらムダ毛をきれいに処理することができます。
こうした医療で脱毛の代名詞は、やはりレーザー脱毛でしょう。
この脱毛施術では、広い範囲を手早く処理することができ、負担も非常に少ないので人気の脱毛手段です。
そのほかにもブラジリアンワックスのような脱毛手段など多くの選択肢があり、これらの違いをきちんと理解しておくことが非常に重要であるといえます。

レーザー脱毛は原理としては、毛根のメラニン色素に反応する特殊なレーザーを肌に照射することで脱毛をします。
つまり、仕上がりにおいては根本的な原因から除去することができるので質も持続時間も非常に長いのがメリットです。
一方、ブラジリアンワックスに代表されるような、ワックスを使った脱毛はレーザー脱毛と比べると
一度に処理できる面積も小さく痛みなどの負担が大きいのが現状です。

こうしてみると、どちらが優れた脱毛方式かといわれると、ブラジリアンワックス脱毛は劣ってしまうように思われますが、決してそんなことはありません。

脱毛方法には向き不向きがあるというものです。
とくにレーザー脱毛は原理上、メラニン色素の多く含まれている肌の脱毛には向いていません。
そうした部分は仕上がりどころか施術が行えない場合もあります。
一方ブラジリアンワックス脱毛はこうした肌での脱毛にも適しており、
最近ではハイジニーナ脱毛などのデリケートな部分への脱毛に効果的に用いられており、そうした部分では素晴らしい仕上がりを期待できます。

ニードル脱毛のトラブルってどんな事?本当はこわい?

ニードル脱毛は、毛が生えている毛穴ひとつひとつに針を差し込み、電流を流すことで毛根を破壊するという脱毛です。
毛穴1つずつに対して施術が行われるので、脱毛し忘れることがなく、毛根を破壊されると毛を作ることができなくなるので、確実な脱毛をすることができます。
施術には痛みが伴いますが、その分効果のある脱毛方法です。

ただ、トラブルがあるのも事実です。施術直後には、点状に赤みや腫れが出ます。帰宅後は入浴など体をあたためる行為は赤みを悪化させてしまうので避けて、保冷剤など冷たい物を当てて冷やしましょう。
腫れや赤みは時間と共に薄くなっていき、長くても2週間で消える場合がほとんどです。
まれに、内出血が起きるときもありますが、これは毛細血管を傷つけてしまったために起こるもので、3週間ほどで自然に治ります。

また、ニードル脱毛は電流を流すために、施術しているとお肌がかたくなると感じる人もいます。これも一時的なもので、自然に治ることが多く、脱毛が終わるころにはムダ毛の自己処理も不要になっているので、お肌の状態は良くなっていることが多いです。

そして、あまり起こることはないのですが、知覚に関するトラブルもあります。ニードル脱毛をしてからしばらくの間、お肌がビリビリとしびれるような感覚になることです。
脱毛時の刺激でお肌が傷ついてしまったために起こる状態で、のターンオーバーによって新しい皮膚が作られることで自然に治ります。
ニードル脱毛を初めて行う場合には、毛の本数が多いので、お肌の中にしこりのようなものができることもあります。
押すと痛みがありますが、リンパ腺の障害によって起こる症状で、1~2カ月ほどで再生されて次第にしこりは消失していきます。

光脱毛って肌が弱い人でもできるの?肌が強くないとダメ?

脱毛したいけれど肌が弱いから諦めている…という方にこそおすすめしたいのが光脱毛です。

光脱毛は成長期の毛の毛根に光を照射することでそのエネルギーによって毛の再生力を弱らせるものです。

レーザー脱毛の場合は一本に絞り込んだ強い波長のエネルギーで照射するので痛みを感じますが、光脱毛はマイルドな波長のライトを照射するだけなので皮膚が弱い人でもほとんど痛みを感じることはありません。

しかも出力に一定の制限があるので医師免許を持たないエステティシャンでも安全に扱うことができ、火傷などのトラブルが起きにくく安全性が高いと言えるでしょう。

さらなるメリットとしては、美肌効果があげられます。

一般的には脱毛を行うと痒み、乾燥、部位によってはシミや色素沈着の恐れもありますが、光脱毛なら逆に光の作用で毛穴が引き締まるため回数を重ねるごとに綺麗になりシミや黒ずみが解消されるのです。脱毛に加え美肌効果もあるなんて一石二鳥ですね。

そして費用の方も以前に比べてリーズナブルになっているのでレーザー脱毛よりも安く脱毛することができるのです。所要時間に関しても、光脱毛では一度の照射で広範囲に施術することが可能なので短時間で終わらせることができます。

何かと忙しい方でも仕事帰りや休日のちょっとした時間に予約しておけば気軽に脱毛することができるのは大きなメリットでしょう。ただし光脱毛も万全というわけではなくデメリットもあります。

それは肌の弱い人でも安心な分効果がマイルドなためレーザー脱毛に比べて回数が多くかかるという点です。もうひとつはまだ出てきたばかりの技術なので現段階では永久脱毛の保証がないということです。

いずれにせよ、脱毛部位や費用、脱毛期間などを考慮して自分に合った方法を選んでみてくださいね。

光脱毛のメリットってどんなところ?気になっていること教えます♪

エステや脱毛サロンで行う脱毛法の主流は、フラッシュ脱毛やIPL脱毛など色々な名称が使われていますが、基本的には全て光を照射する光脱毛です。
光脱毛の仕組みは、毛根の黒色メラニンに光が吸収され、その際に発生する熱で毛の生産工場ともいえる毛乳頭及び毛包幹細胞を破壊するので、ムダ毛が生えてくることはありません。
メラニン色素にだけダメージを与え、周辺の皮膚組織にほとんど影響を及ぼさないので、非常に安全性の高い脱毛法です。
光脱毛のメリットは、広い範囲を一度に処理するので短時間で施術できることで、一つ一つの毛穴に医療用の針を差し込み微電流を流して施術を行うニードル脱毛と比べるとその分料金が安く済みます。
また、痛みも一般的に、輪ゴムでパチンと弾かれた程度の痛みだといわれているので、十分我慢ができる範囲です。

光脱毛は高い脱毛効果に加えて、美顔器などに使われるフォトフェイシャルと同じ種類の光なので、毛穴を引き締めツルツルの肌に仕上げる効果もあります。
美白効果もあるので、肌の黒ずみやシミ、ソバカスの改善も期待できます。
カミソリや毛抜きを使っての自己処理で荒れてしまった肌を整えてスキンケアしてくれるので、脱毛に通っているうちに次第にスベスベの美肌が実感できます。
光脱毛はレーザー脱毛よりも光の照射パワーが低くなっているので、火傷などの肌トラブルが少なく安全性が高い脱毛法ですので、初心者の方も安心して施術を受けて頂けます。

このように光脱毛には数多くのメリットがありますが、なんといってもカミソリや毛抜きなどを使う煩わしい自己処理から解放されて時間を有効に使うことができるのも、大きなメリットの一つだといえますね。