レーザー脱毛とブラジリアンワックス、より綺麗に仕上がるのはどっち!?

美容に於いての脱毛は、とても重要な施術の一つです。
自宅でも脱毛の処理はできますが、サロンや医療機関での脱毛施術を受けることにより、肌へのダメージを効果的に減らすことができ、
美しい肌質を保ちながらムダ毛をきれいに処理することができます。
こうした医療で脱毛の代名詞は、やはりレーザー脱毛でしょう。
この脱毛施術では、広い範囲を手早く処理することができ、負担も非常に少ないので人気の脱毛手段です。
そのほかにもブラジリアンワックスのような脱毛手段など多くの選択肢があり、これらの違いをきちんと理解しておくことが非常に重要であるといえます。

レーザー脱毛は原理としては、毛根のメラニン色素に反応する特殊なレーザーを肌に照射することで脱毛をします。
つまり、仕上がりにおいては根本的な原因から除去することができるので質も持続時間も非常に長いのがメリットです。
一方、ブラジリアンワックスに代表されるような、ワックスを使った脱毛はレーザー脱毛と比べると
一度に処理できる面積も小さく痛みなどの負担が大きいのが現状です。

こうしてみると、どちらが優れた脱毛方式かといわれると、ブラジリアンワックス脱毛は劣ってしまうように思われますが、決してそんなことはありません。

脱毛方法には向き不向きがあるというものです。
とくにレーザー脱毛は原理上、メラニン色素の多く含まれている肌の脱毛には向いていません。
そうした部分は仕上がりどころか施術が行えない場合もあります。
一方ブラジリアンワックス脱毛はこうした肌での脱毛にも適しており、
最近ではハイジニーナ脱毛などのデリケートな部分への脱毛に効果的に用いられており、そうした部分では素晴らしい仕上がりを期待できます。