毛周期のサイクルってどんな風になってるの?脱毛に関すること教えて!

むだ毛と呼ばれる毛は、腕や足、背中や脇などに生えてくる毛です。
これらの毛を脱毛することによって、自信を持って肌を見せることができるようになり、化粧のノリが良くなる、肌がキレイになるなどのメリットがあります。

体毛とは元々、皮膚が変化したもので通常体毛の3分の2は皮膚の中にあります。
皮膚の外に出てきているものは成長期で、毛根部分の膨らんだ下の部分には毛細血管から栄養を吸収して毛を成長する働きがあります。
脱毛サロンや医療機関などで行なわれる脱毛はこの毛を成長させる働きを壊して、毛を生えさせないようにするという方法になります。

このような脱毛する場合に気をつけたいのが毛周期に合わせて脱毛することです。体毛には生え変わりのサイクルがありこれを毛周期といいます。
毛が生えて成長する成長期、成長し終わることで入る退行期、毛と毛乳頭がはなれて自然に抜け落ちる休止期と言う流れで毛が生え変わります。
脱毛する場合、この毛周期に合わせて行なうことによって効率的にむだ毛を処理していくことができます。

このサイクルは身体の部分によって異なります。眉毛やまつ毛は、1日に約0,18mm伸びて約2ヶ月で生え変わります。
わき毛は1日約0.3mm伸び、生え変わるのが約4ヶ月、ビキニラインは1日約0.2mm伸び、生え変わるのが約4ヶ月、腕や足は1日に0.2〜0.4mm伸びて生え変わりは約3〜5ヶ月かかります。

このように生え変わるサイクルや毛の長さや固さなどの毛質は部分によって変わってきます。
むだ毛を処理する場合、成長期に行なうことが最も効果的です。そのため、この毛周期を把握して処理を行なうことが大切です。

つまりサイクルに合わせて処理した次は三ヶ月後ぐらいに行くのが効率的となります。