ニードル脱毛って、剛毛でも毛はなくなる?毛が濃いと無理?毛が薄くないとダメ?

ムダ毛の自己処理はとても面倒なものです。剃ってもすぐに生えてきてしまいますし、毎日のように剃っていると毛穴が目立ってボツボツと汚い状態になってしまいます。
特に毛深い人は、ムダ毛に関する悩みも多く、脱毛しようと思っても、はたして効果が得られるのかと心配になってしまうこともあります。

ニードル脱毛なら、どのような剛毛にも確実な脱毛が可能です。ニードル脱毛とは、毛穴に針を差し込んで電気を流すという施術方法で、毛根を電流で破壊することができます。
破壊された毛根からは毛を作ることができないので、自主津下毛穴からは一生毛が生えてこなくなります。剛毛で毛深くても、毛穴ひとつひとつに施術を行うので、効果的に脱毛することができます。

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛は、黒い色に反応する光を照射させて脱毛していく方法なので、背中の産毛などにはなかなか効果を発揮できないことがあります。
反対にホクロや色素沈着のある部位には反応しすぎて火傷の恐れがあるために、施術ができません。
照射漏れといって、隙間なく光を当てているつもりでも、当たっていない部分があると、そこの毛だけが残ってしまうという施術ミスもあります。

ニードル脱毛では、濃い毛はもちろん、薄い毛も確実に施術をすることができます。個人の毛の濃さや、部位による毛の質に関係なく施術ができるというのは大きなメリットです。
また、毛穴ひとつずつに施術をしていくために、時間はかかりますが、その分照射漏れのようなミスは起こりませんし、色素沈着などがあっても施術は可能です。
医師と相談の上、アトピーの患者さんでも施術が可能なので、今まで脱毛を諦めていた人も脱毛できることが多いです。