毛周期のサイクルってどんな風になってるの?脱毛に関すること教えて!

むだ毛と呼ばれる毛は、腕や足、背中や脇などに生えてくる毛です。
これらの毛を脱毛することによって、自信を持って肌を見せることができるようになり、化粧のノリが良くなる、肌がキレイになるなどのメリットがあります。

体毛とは元々、皮膚が変化したもので通常体毛の3分の2は皮膚の中にあります。
皮膚の外に出てきているものは成長期で、毛根部分の膨らんだ下の部分には毛細血管から栄養を吸収して毛を成長する働きがあります。
脱毛サロンや医療機関などで行なわれる脱毛はこの毛を成長させる働きを壊して、毛を生えさせないようにするという方法になります。

このような脱毛する場合に気をつけたいのが毛周期に合わせて脱毛することです。体毛には生え変わりのサイクルがありこれを毛周期といいます。
毛が生えて成長する成長期、成長し終わることで入る退行期、毛と毛乳頭がはなれて自然に抜け落ちる休止期と言う流れで毛が生え変わります。
脱毛する場合、この毛周期に合わせて行なうことによって効率的にむだ毛を処理していくことができます。

このサイクルは身体の部分によって異なります。眉毛やまつ毛は、1日に約0,18mm伸びて約2ヶ月で生え変わります。
わき毛は1日約0.3mm伸び、生え変わるのが約4ヶ月、ビキニラインは1日約0.2mm伸び、生え変わるのが約4ヶ月、腕や足は1日に0.2〜0.4mm伸びて生え変わりは約3〜5ヶ月かかります。

このように生え変わるサイクルや毛の長さや固さなどの毛質は部分によって変わってきます。
むだ毛を処理する場合、成長期に行なうことが最も効果的です。そのため、この毛周期を把握して処理を行なうことが大切です。

つまりサイクルに合わせて処理した次は三ヶ月後ぐらいに行くのが効率的となります。

背中の脱毛、綺麗に見せたい!なにが一番効果的なの?痛くない?教えて♪

背中のむだ毛は案外気になるものですが、気になるむだ毛対策にはどのような脱毛方法が効果的なのでしょう。
特におすすめなのはクリニックのレーザー脱毛ですね。
レーザーがおすすめな理由は効果がとても高い施術だからです。
永久脱毛ができますので、気になるむだ毛を生え難くする為にも最適です。

永久脱毛と言えばニードルによる施術もあるのですが、地道な施術ですので時間が掛かってしまいます。しかも背中ですと範囲が広いですから余計に時間が必要であり、大変さのある脱毛方法と言えます。
レーザーですと次々に照射をして完了ですので手間なく受けることができる施術と言えるでしょう。

ではレーザーによる施術は痛みがあるのかどうかと言えば、痛みがある施術です。
出力が強い機器ですので刺激がありますし、ある程度は我慢が必要になるかもしれません。
しかしながら麻酔クリームを使うことも可能ですので、もし我慢できないようなら頼んでみるのも良いのではないでしょうか。
使ってもらう為には有料な場合がありますが耐えられそうにない時には麻酔もありと言えます。

レーザーは一番効率が良く、効果的な脱毛方法と言えますが、ただ効果として先にも登場したニードルの方が高いと言われています。
ですから一番効果がある施術と言えばニードルではあるものの、しかし前述したように時間が掛かる施術ですし、さらにはコストも高く掛かってしまうのです。
しかもレーザー以上に痛みが強いという短所もあります。
電気を流す時に痛みが走りますので、そういったマイナス点もあり比較的マイルドな痛みであるレーザーの方が人気です。

ニードルの場合も麻酔によって痛みを軽減することもできますが、それでも多少の痛みを感じることもあるようですよ。

ニードル脱毛って、剛毛でも毛はなくなる?毛が濃いと無理?毛が薄くないとダメ?

ムダ毛の自己処理はとても面倒なものです。剃ってもすぐに生えてきてしまいますし、毎日のように剃っていると毛穴が目立ってボツボツと汚い状態になってしまいます。
特に毛深い人は、ムダ毛に関する悩みも多く、脱毛しようと思っても、はたして効果が得られるのかと心配になってしまうこともあります。

ニードル脱毛なら、どのような剛毛にも確実な脱毛が可能です。ニードル脱毛とは、毛穴に針を差し込んで電気を流すという施術方法で、毛根を電流で破壊することができます。
破壊された毛根からは毛を作ることができないので、自主津下毛穴からは一生毛が生えてこなくなります。剛毛で毛深くても、毛穴ひとつひとつに施術を行うので、効果的に脱毛することができます。

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛は、黒い色に反応する光を照射させて脱毛していく方法なので、背中の産毛などにはなかなか効果を発揮できないことがあります。
反対にホクロや色素沈着のある部位には反応しすぎて火傷の恐れがあるために、施術ができません。
照射漏れといって、隙間なく光を当てているつもりでも、当たっていない部分があると、そこの毛だけが残ってしまうという施術ミスもあります。

ニードル脱毛では、濃い毛はもちろん、薄い毛も確実に施術をすることができます。個人の毛の濃さや、部位による毛の質に関係なく施術ができるというのは大きなメリットです。
また、毛穴ひとつずつに施術をしていくために、時間はかかりますが、その分照射漏れのようなミスは起こりませんし、色素沈着などがあっても施術は可能です。
医師と相談の上、アトピーの患者さんでも施術が可能なので、今まで脱毛を諦めていた人も脱毛できることが多いです。

ニードル脱毛をしていい時期、悪い時期ってある?気になる!

毛深い女性はむだ毛の悩みを抱えていることが多いです。
むだ毛の悩みは、親しい友人にも相談できないことも多く、一人で悩んでいる人も多いです。
間違ったむだ毛の自己処理をしていると、肌トラブルがいつまでたっても解消しないので、どうしても肌トラブルが解消されない場合は、脱毛エステや脱毛クリニックに通いプロに相談してみるといいでしょう。

最近は少なくなりましたが、ニードル脱毛をおこなう所もあります。
ニードル脱毛は、他の脱毛方法に比べても脱毛効果が高いので、確実に脱毛したい人は利用してみるといいでしょう。
ニードル脱毛は、針を毛穴から通して電気を流し、毛根などの毛の生える組織を焼き切る脱毛方法です。

紫外線を浴びた肌でもニードル脱毛はおこなえるので、エステなどで光脱毛ができない部位などの脱毛に利用する人もいます。
頻繁にエステに通えば脱毛が早く終わるというわけではありません。
毛には毛周期というものがあるので、成長期の毛が生えそろった時に施術をおこなうと脱毛効果が高くなります。

ニードル脱毛は2センチくらい毛が生えていないと施術できないので、成長期の時期に施術をすると脱毛効果が高くなります。
休止期の時期に施術をしてもあまり効果がでないので、気をつけてください。
しかし、女性の場合は2センチの毛を生やしていることは難しいので、服で隠れる部位しか脱毛できないことになります。
ニードル脱毛はスタッフが一本ずつ丁寧に毛穴に針を通して脱毛するので、時間もかかります。

全身脱毛をする場合は、5年以上かかることもあるので、脱毛をする場合は狭い範囲で施術をするといいでしょう。
費用も高額になることが多いので、施術を受ける前は料金もしっかり確認しましょう。

ブラジリアンワックスができる部位ってどこ?全身できるの?出来ない部位は?

彼氏ができたけど、今からエステサロンに通い脱毛していたのでは、ムダ毛がなくなるまでに時間がかかるし、かといってVIOラインのムダ毛を自分でシェービングすると、皮膚を傷つけたり黒ずみになったりするので余計みっともなくなってしまいます。

急いで脱毛をしたい人にぴったりの脱毛方法がブラジリアンワックスです。ワックスを塗布して剥がすだけなので、すぐに脱毛効果がでてツルツルスベスベな肌になれます。

毛深い人でも根元からしっかり抜くので、一度に沢山のムダ毛を抜くことができます。

ブラジリアンワックスは、VIOラインの脱毛がより効果を発揮します。水着を着たいので、アンダーヘアを綺麗にしたい人などにオススメです。

ブラジリアンワックスが脱毛できる部位は、VIOラインだけでなく、腕や足、脇など全身のいろんな部位を脱毛できます。

しかし、首から上の顔のヒゲや産毛などには使用できないので、カウンセリングの時に脱毛できる部位をしっかり確認することが大事です。

顔のヒゲ脱毛や産毛の脱毛がしたいという人は、脱毛エステや美容クリニックに通い、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛で脱毛してもらうといいでしょう。

ブラジリアンワックスは、女性だけでなく男性も利用している人が多いです。特に肌が黒い人などは、レーザー脱毛だとレーザーが黒い肌に反応しやすいので、ブラジリアンワックスを利用する人が多いです。

ブラジリアンワックスをおこなう場合に気をつけることは、脱毛の即効性はありますが、永久脱毛ではないので、毛周期にあわせて何度も施術をおこなうことになります。

ムダ毛を根元から抜くために、皮膚にかなりの負担をかけるので、かぶれたり炎症などの皮膚トラブルをおこしやすくなります。

ブラジリアンワックスは本当にむだ毛は消える?気になる!

むだ毛を消す為にもよくおすすめされているのがブラジリアンワックスですね。現在では家庭で使用できるキットもあったりしますので自分でもトライしてみることができます。

そもそも本当にむだ毛が消えるのか気になるところかと思われますが、強引に脱毛をする訳ですので消えることは消えます。
ブラジリアンワックスはとても強力ですので根こそぎ抜くことができますし、施術の後はとてもツルツルな肌にすることができるのです。その為、肌をキレイにしたい時に打って付けと言えます。

しかしその効果は一時的と考えておいた方が良いでしょう。ブラジリアンワックスは抜くだけの施術ですので毛根からなくすことができる訳ではありませんし、数週間程度でまた生えてきてしまうのです。ですから定期的に施術を受けなければならない脱毛方法です。

ただブラジリアンワックスには毛を薄くする効果もあると言われています。深いところから抜くことができますが、その際には毛根も一緒に抜くことができます。毛根は再生してしまうものの、しかし何度も脱毛をしてダメージを与えていくことによって毛根が弱くなると言われているのです。その為、脱毛を繰り返すことで太く目立つ毛が生え難くなり、どんどん脱毛をする回数やペースを減らしていくことができます。

毛穴が引き締まるのも毛が薄くなる理由です。毛根から脱毛をするとキュッと毛穴が引き締まって太い毛も生え難くなりますので、また生えてきたとしても細く目立ち難い毛だったりするのです。

以上のことからブラジリアンワックスは完全に脱毛ができる訳ではありませんが、しかしながら継続することでムダ毛を目立ち難くさせることができますのでトライしてみる意義はありそうですよね。

レーザー脱毛を受けた人の感想は実際のところどんな感じなの!?聞きたい!

レーザー脱毛をこれからしたいと考えている方にとって最も気になるのが実際の施術体験者の感想ではないでしょうか。効果や施術の痛みはどんな感じかといった具体的な声を集めてみました。

まず、レーザー脱毛の効果についてですが、これは圧倒的に「やってよかった」という声が多いようです。「いつでも肌を出せる」、「自己処理後の肌とは全く違う綺麗さ」というように、仕上がりに満足している方がほとんどです。
毛穴が目立たなくなるため、ツルツルとした見た目になります。
ごくまれに、体験者の中には施術直後に赤くなってしまった、痒みが出たなどのトラブルがあった場合もありますが、時間の経過や適切な処置によってその後は改善しています。
また、「自己処理がいらないのがこんなに楽だとは思わなかった」とこれまでの手間から解放されたことを喜ぶ声も多数あります。

次に、最も心配が多いと思われるレーザー脱毛の施術時の痛みについての感想ですが、これは、人によって大きく異なります。
なぜなら施術時の痛みは、施術部位や毛量、毛質などに左右されることと、痛みへの耐性など個人の体質に関わる部分が大きいからです。
それでも、多くの方は「我慢できないほどの痛みではなかった」という感想を持つようです。
特に痛みに弱いなど心配がある場合はあらかじめ施術スタッフに伝えておくことで、施術時に機器の出力の調整などで対処してもらうこともできます。
医療機関のレーザー脱毛などでは麻酔などを使用することができる場合もあります。必要以上にこわがることはないので安心してください。

実際に体験者の感想を聞くと、ますますレーザー脱毛にチャレンジしてみたい気持ちが高まるのではないでしょうか。
最近では周りにもたくさん体験者の方がいると思います。身近な方にはもっと詳しい話も聞くことができるでしょう。
実際に施術を受ける前に多くの情報を得ておくことはとても大切です。ぜひたくさんの人から体験談を聞いてみてください。

レーザー脱毛のメリットってどんなところ?気になっていること教えます♪

黒色や茶色に吸収されるレーザー光のみを皮膚に照射すると、毛や毛根にダメージを与え脱毛が起きます。
毛のライフサイクルのうちでは成長期の毛のみが、毛根に十分な熱量が与えられ、脱毛できます。
この原理を利用して、レーザー脱毛が行われます。
このメリットは、エステの光脱毛に比べて、出力が高いので、毛根そのものを破壊します。
一度処理すると再生されませんので、殆ど永久脱毛となります。生えてきても産毛程度のものです。
したがって毛周期に合わせて行う照射の回数も1回に15~20%脱毛され、3回照射で50%程度脱毛ができ、5回程度で70%脱毛ができますので、
2月に1回のペースで5~12回の照射で、脱毛が完了します。
光脱毛に比べて施術時間が短い事です。両脇であれば5分程度で終わるので、身体へのダメージも少ないのです。

レーザー脱毛を行う資格があるのは医師のみなので、医療機関でレーザー脱毛は行われます。事前に医師が診察しますので、
敏感肌、アトピー肌、乾燥肌の人でも脱毛が可能です。
またやけどや赤みなど、万一のトラブルでも、医師がすぐに診察をして処置をしてくれますので安心です。
レーザー脱毛には輪ゴムではじいた程度の痛みがあると言われていますが、麻酔クリームの使用もしてくれますので、安心です。

メリットに対して注意しておくべき事は、レーザーは、メラニン色素に対して反応するので、日焼けをした褐色の肌では、照射が行えないことがあります。
施術方法は、まず最初カウンセリングがあり、医師が肌の質や毛の質をチェックしてレーザーの出力を調整します。
次に毛が残った状態でレーザー照射を行うとやけどの原因になるので毛を剃ります。
ジェル塗布をして痛みの緩和をします。そしてレーザー照射後に、冷却や保湿ケアや炎症止めの薬を塗ってその回は終わります。
ヘアサイクルに従って次の毛がはえてくると、二回目の脱毛を行います。

レーザー脱毛とブラジリアンワックス、より綺麗に仕上がるのはどっち!?

美容に於いての脱毛は、とても重要な施術の一つです。
自宅でも脱毛の処理はできますが、サロンや医療機関での脱毛施術を受けることにより、肌へのダメージを効果的に減らすことができ、
美しい肌質を保ちながらムダ毛をきれいに処理することができます。
こうした医療で脱毛の代名詞は、やはりレーザー脱毛でしょう。
この脱毛施術では、広い範囲を手早く処理することができ、負担も非常に少ないので人気の脱毛手段です。
そのほかにもブラジリアンワックスのような脱毛手段など多くの選択肢があり、これらの違いをきちんと理解しておくことが非常に重要であるといえます。

レーザー脱毛は原理としては、毛根のメラニン色素に反応する特殊なレーザーを肌に照射することで脱毛をします。
つまり、仕上がりにおいては根本的な原因から除去することができるので質も持続時間も非常に長いのがメリットです。
一方、ブラジリアンワックスに代表されるような、ワックスを使った脱毛はレーザー脱毛と比べると
一度に処理できる面積も小さく痛みなどの負担が大きいのが現状です。

こうしてみると、どちらが優れた脱毛方式かといわれると、ブラジリアンワックス脱毛は劣ってしまうように思われますが、決してそんなことはありません。

脱毛方法には向き不向きがあるというものです。
とくにレーザー脱毛は原理上、メラニン色素の多く含まれている肌の脱毛には向いていません。
そうした部分は仕上がりどころか施術が行えない場合もあります。
一方ブラジリアンワックス脱毛はこうした肌での脱毛にも適しており、
最近ではハイジニーナ脱毛などのデリケートな部分への脱毛に効果的に用いられており、そうした部分では素晴らしい仕上がりを期待できます。

ニードル脱毛のトラブルってどんな事?本当はこわい?

ニードル脱毛は、毛が生えている毛穴ひとつひとつに針を差し込み、電流を流すことで毛根を破壊するという脱毛です。
毛穴1つずつに対して施術が行われるので、脱毛し忘れることがなく、毛根を破壊されると毛を作ることができなくなるので、確実な脱毛をすることができます。
施術には痛みが伴いますが、その分効果のある脱毛方法です。

ただ、トラブルがあるのも事実です。施術直後には、点状に赤みや腫れが出ます。帰宅後は入浴など体をあたためる行為は赤みを悪化させてしまうので避けて、保冷剤など冷たい物を当てて冷やしましょう。
腫れや赤みは時間と共に薄くなっていき、長くても2週間で消える場合がほとんどです。
まれに、内出血が起きるときもありますが、これは毛細血管を傷つけてしまったために起こるもので、3週間ほどで自然に治ります。

また、ニードル脱毛は電流を流すために、施術しているとお肌がかたくなると感じる人もいます。これも一時的なもので、自然に治ることが多く、脱毛が終わるころにはムダ毛の自己処理も不要になっているので、お肌の状態は良くなっていることが多いです。

そして、あまり起こることはないのですが、知覚に関するトラブルもあります。ニードル脱毛をしてからしばらくの間、お肌がビリビリとしびれるような感覚になることです。
脱毛時の刺激でお肌が傷ついてしまったために起こる状態で、のターンオーバーによって新しい皮膚が作られることで自然に治ります。
ニードル脱毛を初めて行う場合には、毛の本数が多いので、お肌の中にしこりのようなものができることもあります。
押すと痛みがありますが、リンパ腺の障害によって起こる症状で、1~2カ月ほどで再生されて次第にしこりは消失していきます。